2011年12月22日

・・・・

昨日にゃんこの[はる]の火葬が終わり小さく小さくなった[はる]を胸に抱いて父さんがひとこと・・・[はる・・また父さん、抱っこできて嬉しいよ]と・・・
父さんの言葉にジワっと気持ちの中が熱くなった。
[はる]にお花を贈ってくださった皆さま本当にありがとうございました。

庭に咲いたスミレの花が可愛らしく少し疲れた気持ちをほぐしてくれるような・・・

もうあと少しで今年も終わる・・・
今年は何だか悲しいことが多かったような気がして早く今年が終わればいい。
毎年、一年の終わりにお世話になった方にお配りする[大福茶]・・・
[大福茶]とはお正月に飲んで一年の無病息災を祈るというお茶。

今年も色々な方にお世話になった一年・・・

一ヶ月前に富山県の里親さんの元に行った[福]くんママさんからメール。
名前の通り本当に福がきた[福]くんの写真と共に[今日で福くんが我が家に来て一ヶ月。ずーっと一緒にいる気分です。こんな素敵な出逢いをくれ感謝ですありがとう!]と・・・
ちょうど、はるに手向けるお花を買いに行っていた時に届いたメールに思わず涙が・・・
あの、糞尿にまみれて目を背けたくなるような状態だった子が今では里親さん家族の愛情を一つもこぼさないように全部受け止めて今ではキラキラした子に・・・

こんな風に幸せに暮らしている姿を知ることができると何ともいえない気持ちに・・・
[福]くんママさんありがとう・・・

年末!わんにゃんたちを順番にお風呂に入れなきゃ・・・と考えただけでもため息。
posted by mayu at 06:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

魔法使いのはる・・・

12月20午前3時・・・また一つ小さな命が私の前から消えていってしまった。
猫の[はる]静かに穏やかにあの子らしく冬空のお星様となった。
おとといまでは、母さんをまだ置いて行かないでと・・・もう少し頑張ってと・・・言っていたが昨日は[はる]の苦しそうな顔を見て、もう大丈夫だよ・・・頑張らなくていいからね・・・母さんのことは心配しないで安心して楽になって・・・と声をかけていた。
昨日は一度だけ本当に小さな声でニャーと・・・
大好きな父さんにが帰って来るのを待って父さんに抱かれ・・・
父さんは[はる]の耳元で小さな声で何かたくさんお話をしてたっけ・・・
桜の咲く春に東京中野の小さな公園のごみ箱の中に紙袋に入れられ捨てられていた[はる]。春に出逢ったから[はる]
紙袋から出てきた[はる]は人懐こいキラキラした瞳で見つめてくれた。

あれから10年以上も一緒に生きてきたんだね・・・
離れることなくずっと一緒に・・・

誰からも愛されてた[はる]・・・
[はる]に逢った人はまるで魔法をかけられたかのように穏やかな優しい時間を感じて・・・

人にも猫にも犬にもみんなに同じように魔法をかけてたね・・・
[はる]・・君の居ない母さんの膝は急に淋しくなって急に寒くなったけど、君の優しい柔らかいぬくもりはまだ母さんの膝にあるよ・・・

[はる]・・もう痛くも苦しくもない世界にいったんだね。
本当にありがとう。また必ず逢えるよね?絶対にまた巡り会ってね。
たとえ想像できないくらいの長い時間でも、きっと母さんは君をまた探すからね。
母さんが猫になってても犬になっててもアリンコになってても君を探すから、その時はまた人懐こいキラキラした瞳で見つめてね。

君は本当に素敵な存在だった・・・

君のしていた首輪は今、母さんの手首にあるよ・・・
少し貸しておいて・・・

みんなに魔法をかけるのが上手だった[はる]が涙をこぼさないようにする魔法はかけ忘れたみたい・・・[はる]また出逢える日を今日から楽しみに待ってる・・・
ありがとう
posted by mayu at 13:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

おりちゃんの幸せとロッキーバーガー

ニャンコの[はる]の容態は相変わらずだが病院の先生は言う。
[はるって凄いよね。この子はきっとまだまだお母さんに用事があるんだね]と・・・
そして、[はるを見ているとこっちまで勇気づけられるね。諦めちゃいけないんだなって]とも言う・・・大好きな父さんが帰ってきて声を聞くと歩けないはるが必死で立ち上がろうとしていた。
父さんに抱っこされたはるの顔は一瞬、元気いっぱいだった頃のはるの顔だった。

はる・・・母さんに用事って何ですか?大好きなワカサギが食べたいよ〜ってご用ですか?

今日は、保護犬[おり]ちゃんを茨城の里親さんの元へお届けに・・・
昨日おりちゃんの病院の帰りに一緒に公園で思い切り遊んだ・・・

7月にパピーミルより引き出して来たおりちゃんは5ヶ月間、優しい素敵な里親さんを待っていた・・・
おりちゃんは、この5ヶ月間で本当に元気いっぱい明るい女の子になって・・・
今日、やっと本当の幸せを掴んだかな・・・
おりちゃんの里親さんは、今日の日を楽しみに待っていてくれお赤飯まで炊いての歓迎ぶり・・・そして、おりちゃんは里親さんに一番素敵なプレゼントとして新しいお名前[さくら]ちゃんをもらい幸せを確信したような可愛い笑顔で巣立っていった。

[さくら]ちゃん幸せにね・・・う〜んと幸せになってね・・・

[さくら]ちゃんを送って行った帰り道、[ロッキーバーガー]に・・・
一度は行ってみたかったロッキーバーガー・・・

ローカルバーガーチェーンだったロッキーバーガーも現在は2店舗しかないという。

昭和の香りプンプンな店内

懐かしい感じのラジカセもいいね・・・

価格も20年間変わってないという・・・

色褪せた写真もそのまま・・・

噂どおりおばちゃんが一人、手際良くハンバーガーを作っている。
全て、注文を受けてから作り出す。
注文したのはハンバーガーとポテトフライ・・・

念願だったハンバーガーのお味は・・・

優しくどこか懐かしい味・・・おいしい・・・ニッコリ・・・
店の外の景色は・・・

そう、田んぼの中のロッキーバーガー・・・
私と同じように憧れ続けた人が多いのかお客さんは次から次へと・・・
また、あの優しい懐かしい味に逢いに行こう・・・
posted by mayu at 20:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。